循環器内科サブスペシャリティーコース

大阪枚方市や京都南部のセーフティーネットとして、基本的に内科系救急全般を受け入れています。その数は年々増加しており、平成28年には3177件の受け入れとなっています。内科系ER救急の中心となり、対応することで内科系救急対応能力を学びます。また、重症患者さんでは救急外来からそのまま集中治療室での治療を継続して行うことが出来ます。急性心筋梗塞や急性心不全はもちろんのこと、重症敗血症といった疾患も循環器内科が対応しており、救急外来から集中治療、運動処方などの退院まで一連の完結型対応として経験します。さらには、循環器疾患のみでなく救急外来から入院した珍しい内科疾患を担当することもあり、総合内科の考え方も一貫して学びます。

特に循環器内科専攻医として、実際に身体を使いながら学び、CAGやPCI、ペースメーカー挿入に関してもメインオペレーターとして多くの症例を経験することが出来ます。

また、重症患者さんでは救急外来からそのまま集中治療室での治療を継続して行うことが出来ます。急性心筋梗塞や急性心不全はもちろんのこと、重症敗血症といった疾患も循環器内科が対応しており、救急外来から集中治療、運動処方などの退院まで一連の完結型対応として経験します。

循環器内科サブスペシャリティーコース研修内容

3年間の研修で内科と循環器疾患の一般的な管理、集中治療領域での管理、一般的な内科ER疾患の初期診断と治療が出来ることを目指します。基本的には循環器内科の所属となり、通年で循環器疾患一般管理、ER救急、集中治療を主治医としてスタッフと相談しながら行います。さらには、循環器疾患のみでなく救急外来から入院した珍しい内科疾患を担当することもあり、総合内科の考え方も学びます。

希望に応じては院内での心臓外科の見学や内科他科への研修を調整することも可能です。また、国家公務員共済組合連合での国内交換留学制度を用いることにより、希望があれば他院での内科や救急の研修を行うことも可能です。

勉強会;朝カンファ平日毎日
研修医レクチャー2回/週、症例カンファ1回/週
カテーテルカンファ1回/週、CCUカンファ平日毎日

症例が豊富であるため、珍しい循環器疾患や内科疾患に触れることも多くあります。そのため、専攻医1年目では症例報告を中心に地方会や地域の研究会等で発表する機会があります。当院では豊富な症例があるため、様々なデータを蓄積しています。そのデータを用いて、診療に多少慣れた専攻医2年目以降では日本循環器学会での発表や希望者は海外学会での発表を経験することが出来ます。また、自ら疑問に思ったことや興味のあることを自由に学べる環境があり、スタッフからの指導体制も十分に用意されています。

循環器内科は非常にハードな診療科の一つであることは事実ですが、自分の健康や精神が壊れてしまっては元も子もありません。当院では後期レジデント同士だけでなく、スタッフが一丸となり互いにフォローし合い診療をしていく土壌が出来ています。救急対応と病棟対応に忙しい当直明けでは、基本的に午前中で業務が終わり、帰宅して休める環境を作っています。土日や夜間に関してもお互いの信頼関係から当直医スタッフが一元して対応してくれるため、基本的に呼ばれることはありません。OnとOffがはっきりしている特徴があります。そのためか女性医師も多数在籍して、生き生きと働いている環境にあります。夏には院内全体でのバーベキューや年末には院内忘年会もあります。

見学や研修内容のお問い合わせ

少しでも当院での初期研修や内科専攻医、ER救急、総合内科などに興味を持っている先生は
まずは、メールでご連絡ください!
研修医や若手スタッフが中心に対応させていただきますので、お気軽に連絡を頂ければ幸いです!!